2008年12月27日土曜日

SRAMアクセス中のデータを取ってみました

SRAMに書き込みをする際の波形をキャプチャしてみました。
WRが0の間にデータを読み書きしないといけないのですが
予想通りタイミングがとても早い・・・マイコンによるソフト制御ではデータ取りこぼしが発生しそう(汗
CSがデータ読み書き時に毎回アサートされている様子が無いので
ROM領域を空読みさせてWaitを入れてSRAMにアクセスさせると
CSをWR代わりに使用できてうまくいくかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿