2009年2月9日月曜日

ROMEO2解析開始

ROMEO2をFPGAボードとして遊び倒すのに必要な情報が全く無いので
手始めに解析に必要なチップの型番を調べてみた。
シルクのロケーション名がチップ下に書いてあるのが非常に痛い。
以下メモ

ケータイ用コネクタ(Page7参照)
http://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/corporate/technology/document/foma/foma5.pdf

DAC
TI(Burr-Brown)PCM1770PW
http://focus.tij.co.jp/jp/docs/prod/folders/print/pcm1770.html

FPGAコンフィグレーション時アドレスデコード?用ロジック
TI SN74AHC244PW(ロット印字:HA244)
http://focus.ti.com/docs/prod/folders/print/sn74ahc244.html

TI SN74AHCT139PW(ロット印字:HB139)
http://focus.ti.com/docs/prod/folders/print/sn74ahct139.html

レギュレータ各種(1.2/2.5V)
RICOH R1161N121D(ロット印字:R12xx)
RICOH R1161N251D(ロット印字:R25xx)
http://www.ricoh.co.jp/LSI/product_power/vr_ldo/r1161x/index.html

0 件のコメント:

コメントを投稿