2009年2月9日月曜日

ROMEO2解析メモ

以下調べたことメモ

・コンフィグレーションモードについて
 M0-M2の状態より、スレーブセレクトマップ

・JTAG端子について
 M0-2はちゃんとパターンカット出来るように引き出されているため
 改造をすることによりJTAG設定になる。
 左上の2列3ピンのコネクタがJTAG端子

・コンフィグレーションについて
 アドレスデコーダが組み込まれており
 NDSより特定のアドレスにアクセスすることにより
 コンフィグレーションが可能

追記:解析は完了しました 資料は下記を参照して下さい。
http://hkhacks.blogspot.com/2009/02/romeo.html

0 件のコメント:

コメントを投稿