2009年6月27日土曜日

DSLiteの液晶交換に挑戦してみた

前回に引き続き、aitendoにて購入した液晶をDSLite下側の液晶に取り付けてみました。
(実際に組み込みはしませんでしたが……^^;)

※DSLiteの詳細な分解方法はググれば見つかるとは思いますのでさくっと書きます。

また、分解には特殊ドライバー(Y字型)と精密ドライバー(+)が必要です。
(Y字ドライバーは日本橋シリコンハウス2Fで手に入れました。)

まず、底面右側のバッテリホルダの+ねじを外してバッテリーを取り出した後
☆マークのねじをはずします(8カ所)
上側ゴムの部分(2カ所)の下に隠しねじが入っているので注意









筐体を開けます。
画像右側方向から持ち上げると開けやすいです。
(後で組み立てやすいように、ボリュームを左か右いっぱいまで移動しておくのをおすすめします。)

☆マークのねじをはずし、LRボタンを外します。
(LRボタンの中にバネが入っているので、飛び出さないように注意しながらはずします。)

コネクタのロックを解除し、丸印部分のフレキを外します。

コネクタは、この画像で手前側の黒い部分を持ち上げれば、ロックが解除されます。

作業しにくい場合はコネクタ手前の無線LANモジュールを外すと良いでしょう。


基板を慎重に持ち上げ、ひっくり返します。

四角部分のコネクタのロックを解除し、フレキを外します。

コネクタは、この画像で左側の黒い部分を持ち上げれば、ロックが解除されます。
とても割れやすいので注意!


新しい液晶をとりあえず取り付けてみる。
……交換前と大差ないような気が(汗


交換前の状態

結局、交換しても大差ないので、組み込むのはやめました。
割れるor故障するまで保管しておこう……

0 件のコメント:

コメントを投稿