2009年11月25日水曜日

I2C液晶とセンサを買ってみた

I2C接続のデバイスで面白そうなのが売っていたので買ってみた。
StrawberryLinuxにて購入。

16x2行 I2C低電圧キャラクタ液晶モジュール SB1602E

Sensirion 1チップ温度・湿度センサ SHT-11

Sensirion 1チップ温度・湿度センサ SHT-71

SB1602Eは、超薄型な上低電圧(3.3V前後)で動いてくれる液晶モジュール。
英数字、半角カナが表示可能。

SHT-11/71は、温度だけで無く湿度も測れるセンサモジュール。

SHT-11は、オプションのフィルタキャップが装着可能。
SHT-71は、SHT-11のリード線付きバージョンで、パスコン類が装着済みで使いやすい。
性能も、温度0.01℃単位(精度±0.5℃)湿度:0.03%(精度±3.5%RH)となかなかのもの

届いた状態。丁寧に書かれたマニュアルが同梱されている。


I2C液晶モジュールを組み立ててみた
ユニバーサル基板(ICB-93SG)からはみでるほどのサイズ


温度・湿度センサを取り出して並べてみた
左からフィルタキャップ、付属専用基板、SHT-11、SHT-71


裏向きにしてみた


専用付属基板を組み立ててみた。右がフィルタキャップを付けた状態
装置にネジ固定する時には、SHT-11の方が便利かも


コマンドは割と単純ぽいので
LPC2388基板にでも組み込んでみようかな・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿