2009年12月14日月曜日

LPCXpressoを買ってみた

Twitterにて、NXPから安価なデバッガ+IDE付き開発キットが出てるとの情報を頂いたので、
早速購入してみました。

NXP LPCXpresso

MOUSERにて購入しました。約3千円。
MCU, MPU & DSP Development Tools LPC 1343 Demo Board

対応チップはLPC1000シリーズがほぼすべて対応。
LPC2000/3000シリーズが一部対応となっています。
eclipseベースのIDEが付属しており、環境設定不要で、インストールするだけで利用可能です。
また、登録するとIDEのコードサイズ制限が無くなります。
デバッガは128Kまでのダウンロードに対応するようです。

詳細な概要はここに書かれています。
Introduction to LPCXpresso


届いた状態
とてもシンプルな包装。


中を取り出して見ました
URLの書かれた紙と、基板が入っています。
ドライバー類もオンラインでダウンロードする様です。


基板表面
LPC1343とデバッガ(LPC-Link)が1枚の基板に搭載されています。
Vカット等は入っておらず、切り離しを行う際は慎重に作業が必要です。


使用可能になるまでの手順ですが
Gettingstartedに詳しく書かれています。

大まかな手順は以下の通りです。
1.code_redのサイトにアクセス
2.ユーザー登録後、IDEをダウンロード
3.IDEをインストール後、アクティベーションを行う
特に環境設定などは不要で、即利用可能でした。

IDE画面のイメージです。
日本語は文字化けするようです。


内部回路図の場所を教えて頂きました。
以下URLから参照可能です。
LPCXpresso LPC1343 Rev.A

使ってみた感想ですが、さすが純正だけあって、しっかり?デバッグ出来ました。
唯一の欠点はステップ実行等で反応が遅い(数秒待たされる)ことです。
(2010/06/28追記:ファームウェアがアップデートされ、デバッグ時の反応が遅い問題は解決されている模様です。)

※ターゲットへの接続がJTAGとSWDに対応してて、付属基板はSWDで接続されている様です。
 JTAG接続に変更すると速度アップするかもしれません。

Cortex-Mシリーズで開発を考えた場合、安くてとても良いデバッガだと思いました。

4 件のコメント:

  1. もう入手されたのですね。早いですねぇ。
    わたしはどちらかというと、LPC-Link側のLPC3154に目が行ってしまいます。贅沢ですよねぇ。

    わたしもそろそろM3始めようかと思っています。

    返信削除
  2. あ、コメント普段付かないので見逃していました(汗

    >もう入手されたのですね。早いですねぇ。
    実は製品の存在はTwitterの電子工作クラスタの方々に教えて頂きました。詳しい方が多いのでとても勉強になります。
    sirius506さんもTwitterされていれば是非。

    >LPC-Link側のLPC3154に目が行ってしまいます。贅沢ですよねぇ。
    ほんと贅沢すぎだと思います。LPC-Link側に外付けRAMが無いことから、ダウンロードデータ格納目的で、大容量RAMを内蔵したこのチップになったのかなぁと勝手に予測しています。

    >わたしもそろそろM3始めようかと思っています。
    STMicroから出たデバッガだとダウンロードサイズに制限が無い上、個人でも使いやすいパッケージの品種が多いので魅力的ですよね。

    返信削除
  3. LPCXpressoを入手しました。一通り動きました。が既に持っているソースファイルをIDEに追加する手法が解りません。新規に追加することはできました。STM32Fで作ったプログラムを移植したいのです。lpcxpresso.getting.started.pdf以外のドキュメントが在るのでしょか。

    返信削除
  4. koizumi さま
    申し訳ないです、今初めてコメント見ました…。
    もう既に解決されているとは思いますが、
    既存のファイルをプロジェクトを作成されたフォルダに入れれば認識されます。
    LPCXpressoはeclipseベースなので、eclipseの使い方で検索されるのがベストかと思います。

    返信削除